So-net無料ブログ作成

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか [読んだ本]


日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか


このところの米軍基地移設問題や集団的自衛権をめぐる顛末を見ていて、
なんでこういう理不尽なことがまかり通ってしまうのか?と憤りを感じている人は必読。

私は安倍首相のいうところの「戦後レジームの脱却」っていうことが
具体的にはどういうことを言っているのか皆目わからなかったけれど、
これを読んで、これまで曲がりなりにも憲法を戴いて独立国の体裁をとっていた戦後の日本が、
実は米国の属国であって、政府は米国の傀儡政権であることを臆面もなくさらけ出すことを
意味していたんだと理解しました。

日本の法律や憲法よりも米国との条約や密約のほうが優先される現実。
世界平和への貢献という大義名分のもとに、沖縄に住む国民の幸福よりも
米軍の利便が優先される現実。
そして今度のガイドラインの改定によって、米国の求めるままに世界のどこへでも飛んで行って、
自衛隊員が米国のために命の危険を冒さなくてはならなくなる現実。
米国の原発製造会社の商売のために原発事故を矮小化し、住民を被爆の危険にさらしてまで帰還を急がせ、
あたかも事故がすっかり終息したかのように見せかける現実。

日本は今でも米国に占領されたままなのですね。

そして安倍首相は終戦後に「ギブミー・チョコレート!」と叫んで
進駐軍に投げてもらったチョコを拾って歩いた戦災孤児というわけです。

この先日本はどうなっていくのでしょうか。
考えると恐ろしい限りです。






nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

市議会議員選挙だわ [小さな出来事]

ハルが二週続けての試合で足の同じところを痛めて歩くのも大変そうなので、
このところ朝は駅まで車で送っているのだけど、
いよいよわが町国分寺も市議会議員選挙期間に入って
、国立駅前は7時前から立候補者が立つようになっています。

今日はお天気も悪そうなためか、いつもより駅前の駐車車両が多く、
ハルを降ろす場所も困ってしまうくらいでした。

そのなか、自民党公認現職M候補(31歳ってとこを強調している人ね)の名前が書かれた車が
デーンと「駐停車禁止」の看板の前に駐車し、
悠然と演説用資材の荷卸しをしているのを見て、あ~あ、とがっかりしちゃいました。
止めるところがなくて・・というのは理解するけれど、
それにしてもやっぱり議員がそれはまずいんじゃないかなぁ。
議員という立場上、交通ルールは守ってほしいな。
年間報酬700万以上もらってるんだし、市民の手本となるような行動してくれないとね。

最近は若い候補者が増えていいことだと思うけど、
どいつも言ってることが「アウトソーシング」とか「行政改革」だとか
「コストパフォーマンス」だとか、
どっかの企業のセコい経営者が言ってるようなことか、
「やさしい社会」「地域のつながり」なんて具体性がないイメージだけの言葉を羅列してる。
国のトップが空虚な人間だと、末端まで同じになっちゃうんですかね。
所詮、自分の思想がないから、上の言ったことの受け売りってことなのかもしれませんが。
なんでも「ネットを活用して」っていうけど、国分寺は65歳以上の高齢者が
25パーセントにもなろうとしていて、
本当にそんなもの活用できるのは市民の中でも一握りの人間だけでしょ。
公民館やスポーツセンターの予約なんか、正直電話で十分。
そのために多くの予算を使うより、ほかにすることたくさんあるんだよね。

若くて現実を知らないから臆面もなくそんなことが言えるのかなぁ。
夢の世界の住人だね。
若いっていいな~。


タグ:雑感
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大切なもの [小さな出来事]

アキはこの春から中1に、ハルはいろいろあったけど、なんとか高2になることができました。

アキのほうは新しい学校で毎日緊張してるみたいで、滅多に昼寝しない彼女が帰ってくるとバタン。
小学校のときの仲の良い子も数人一緒のクラスなのに、やはりね。
小学校ではほとんど履いたことがなかったスカート履いて学生服着て出ていく姿は、もうしっかりしたもの。

学校ではまだ授業は始まらず、自己紹介だとか測定だとかで毎日終わっているようです。
そしたらゆうべ、アキがふと「お母さん、大切なものを5つあげるとしたら、何?」と。
「う~ん、大切なもの5つねぇ、命、健康、金、金、金、かな」
「なにそれ、学校ではみんな一番に家族とか友達とか言ってたよ!命、健康、金って、自分のことばかりじゃない。子供とか家族とか入らないんだ。お母さんという人がよくわかったよ」
と言われてしまいました。
エッ、そういうこと言わなきゃいけなかったんだ!しまった~!
「いや、この世で生きていくのに大切なものって思っちゃったからさぁ~」とフォローしたら、
「いやもういいから、よくわかったから」
と切り捨てられ・・・。

子供に思っていることを正直に言ってはイケナイということをしっかり学ばせていただきました。




タグ:子ども
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。